idrums

アクセスカウンタ

zoom RSS 強くありたい

<<   作成日時 : 2012/11/23 08:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

めっきり寒くなりましたが、皆さま元気でお過ごしですか?

うちは長男が幼稚園からもらってくる様々なウイルスに次々と家族が感染し、発熱、鼻水、咳、嘔吐、次男坊にいたっては熱性痙攣をおこし、慌て救急車を呼ぶ騒ぎもあり…

熱性痙攣は初めての経験で、、びっくりしたというよりはとにかく恐怖でした。意識がなく完全に眼が上にあがって白目をむいている我が子… けいれんのような震えはなかったものの、このまま死んでしまうのではないかと思い取り乱しながら救急車を呼び…

その後119番と通話中になんとなく意識が戻り、安心して涙が出そうになりましたが、依然ぐったり意識朦朧としている姿を見て、しっかりしなくては!と急いで身支度を整え救急車を待ったのでした。

救急車の中ではずっと爆睡している感じで、呼びかけにも薄〜く応え、、病院に着いて抱き上げるとようやく意識がはっきりと戻り、熱があり辛そうではあるものの、いつもの愛嬌がありほっと一安心。。

熱性痙攣は繰り返す事もあるらしく、痙攣を抑える座薬を入れてもらって帰宅。その後5日間高熱が続いたものの、6日目に完全に熱が下がったと同時に元気に遊び始め、やんちゃぶりに拍車がかかったような感じでパワーアップした次男坊でした。。救急車が好きな次男坊は自分が救急車に乗った事を覚えてないらしく、ちょっと残念なご様子〜

子供が病気や怪我をした時にどういう処置をしたらいいのかは、それまでの経験もあるだろうけど、しっかりした知識も必要だなと。とはいえ、知識としては頭にあっても実際にそうなった時はやっぱりあたふたしてしまうよね。。あんなに取り乱したのはお風呂で覗きにあった時以来かも…………

いやぁ、、母は強くなくてはならないのだなあ。。まだまだだな、ワタシ。

余談、私の母に一部始終を伝えたところ、「あんたも小さい頃何度かやったわよ〜」という衝撃の事実が発覚。え、、何度かって……、、もしかして熱性痙攣って遺伝するのかい?そういえば私も子供の時から病気や怪我が多く、その度に母には心配をかけたんだなぁと気付いたのでした。おしまい。


あれ、違う違う。
ほんとはライブ情報を書きたかったのだよ!!

11月25日(日)14時〜16時
川越live cafe Jammin'
AYUKO(vo)、二見勇気(p)、下郷幹夫(b)、奥山愛(ds)他
チャージ無し(ご飲食代のみ)

日曜日の昼間にごきげんなジャズやります☆

皆さま、ご都合よろしければフラリとお立ち寄りくださーい!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

奥山愛(旧姓:古川)
強くありたい idrums/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる